Appleの特許には、ディスプレイベースのMacBookキーボードをリアルに感じさせる3つの方法を記載

0
300

Steve Jobsが2007年にオリジナルのiPhoneを発表したとき、彼は当時、他のスマートフォンが物理的なキーボードを持っていた件を多く指摘しています。彼は、キーボードを必要としないときの柔軟性がなくなる点と、最適なキーボードレイアウトは、使用しているアプリによって異なる可能性があるという点で、物理キーボートについて批判的な考えを持っていました。

ラップトップでも同様の議論があると思いますが、ディスプレイのキーボードは少量の入力に対しては問題ありませんが、物理的なラップトップキーボードを置き換えるほど利便性はありません。しかし、Appleの新しい特許出願では、この問題に立ち向かっていこうとしています。



スクリーンベースのMacBookキーボードをリアルに感じさせる3つの方法

特許の背景には、スティーブがiPhoneを最初に語った時に述べたこが、すべからず再現されている。

*マウス、キーボード、トラックパッドなどの従来のコンピューティング入力デバイスは、専用のキーまたはボタンを使用して動作する傾向があります。各キーまたはボタンの操作は、特定の機能またはコマンドに関連付けることができます。しかし、従来の入力デバイスは、新しいデバイス、オペレーティングシステム、およびソフトウェアによって提供される拡張機能に対応して柔軟性が欠けています。

更なる欠点として、従来の入力装置の専用のキー又はボタンは、異なるユーザのニーズ及び好みに適応することができない。タッチ入力デバイスなどの代替入力デバイスは、機械的なキーボード、マウス、および同様の入力デバイスよりも、入力シナリオおよびカスタマイズに多少の柔軟性を提供することができる。*

しかし、入力用に設計されたデバイスでは、物理キーボードをスクリーンベースのキーボードに置き換えるための大きな課題があります。

タッチセンシティブ入力デバイスは、ユーザに触覚フィードバックを与えられない、平坦かつ柔軟でない入力表面になり、従来の入力デバイスよりも多くの場合で望ましくない可能性があります。したがって、動作中にユーザに触覚のフィードバックを提供しながら、より大きな柔軟性とカスタマイズ性の両方を提供できる、改善された入力デバイスが必要となる。

また、タッチタイピストの固有の問題にも注意する必要があります。

ユーザーは、選択しなくてもキーに指を置くことができます。さらに、ユーザは、入力中に別のキーに別の指を移動させ、あらかじめのせておくことで、瞬間に次のキーを押すことができます。したがって、キーの押下を検出するための力の閾値は、おている指と実際に押す時の力を判別する必要があります。グローバル力感知を有するキーボードは、表面と接触している指に基づいてキーが押されたか否かを決定する力の閾値を判別する必要があります。

Appleはスクリーンベースのキーボードを物理的なものにするため、3つのアプローチを提案しています。

まず、仮想キーを押したときにフレキシブルな画面を変形させる。

押されると、ユーザの指は、指の下のキーボード表面に窪みを形成することができる。画素化容量性センス層は、力の量と位置の両方を決定するために窪みの深さおよび/または位置を検出することができます

第2に、触覚フィードバックは、実際のキーのクリックをシミュレートするために使用される。

触覚アクチュエータは、ユーザが入力をするのに十分な力でキーレス面を押したことを示すために物理的なフィードバックを提供することができる。触覚アクチュエータは、機械的キーに類似しているか、またはそれを代表する物理的感覚を再現できます。

第3に、キーの端の感触をシミュレートするために静電気を使用することができます。指で触れると実際のキーボードのように感じられます。

静電気は、ユーザの指を表面に静電的に引き付けることによって、物体(例えば、ユーザの指)と入力表面との間の摩擦または表面粗さの際のまたは知覚された変化を作り出すことができます。キーボードは、ユーザに所望の触覚出力を提供するために、単独または組み合わせて、グローバルまたはローカルハプティック出力を使用することができます。

図はMacBookではなく外付けキーボードを示していますが、Appleの特許図面はしばしば古典的な例を持つ最も基本的なユーザーケースを示しています。この考え方は、ラップトップで最も理にかなっているようです。

アップルのすべての特許と同様に、このコンセプトが実用化されるかどうかは分かりませんが、Appleが何らかの形のダイナミックキーボードに移行しているという明確な証拠があります。もちろん、MacBook Proのタッチバーは動的キーボード要素の実際の実装でもあります。