出会い系アプリの争い? Match Groupは、特許侵害の疑いでBumbleを訴える

0
312

Recodeは、Tinder、Matchなどのオンラインデートサービスを所有するMatch Groupが、最大の競合相手であるBumbleの特許侵害の疑いで訴訟を起こしていると報じている。 Bumbleは女性の方から会話をはじめるオンラインデートサービスです。



Match Groupは、特許侵害の疑いでBumbleを訴える

BumbleはTinderの共同設立者の一人によって開発されましたが、Match GroupはBumbleがその特許のうちの2つを侵害していると主張している。その1つは、Tinderの有名なスワイプ接続機能でした。訴訟では、Bumbleの初期幹部であるChris GulczynskiとSarah Mickの2人が、「Tinderの機能に関連する機密情報」を盗んだと主張している。Mick氏とGulczynski氏はBumbleに移る前にTinderで働いていた。

マッチグループのスポークスマンは、以下のようにコメントしています。

「マッチグループは、業界をリードする製品群の開発に多大なリソースと創造的な専門知識を投入しました。 当社は、当社のビジネスを定義する知的財産および専有データを保護することに全力を注いでいる。したがって、私たちは、権利を侵害している出会い系サービスの運営者に対して、特許およびその他の知的財産権を執行するために必要な準備をしています。」

特許訴訟はテクノロジー業界ではよくある事例です。今回の一件で注目すべき点は、Match GroupがBumbleを4億5,000万ドルで買収しようとしていた点です。この訴訟は、Bumbleを再度、買収の交渉の場へ押し戻すきっかけにつかわれているとの見方もある。結局のところ、バブルがマッチグループの一部であれば、マッチグループの著作権や特許権を侵害していると非難されることは発生しません。

マッチグループのプロパティは過去にBumbleから借用されています。たとえば、最近、TinderがBumbleのように最初のアクションを女性にしてもらう機能を開発中であると報告しました。Tinderのこの機能の実装は、アプリの必須部分ではないため、Bumblesとは少し異なります。女性はその機能を選ぶことができますが、望んでいなければ最初の動きをする必要はありません。