Google、VR180を標準化した編集フォーマットに変換するMac、Linuxアプリをリリース

0
334


I / O 2018の直前に、GoogleとLenovoはミラージュカメラで最初のVR180ポイントアンドシュートをリリースしましたが、今後はさらに多くのデバイスが対応します。Googleは、デスクトップ編集用VR180クリエイターアプリをリリースし、新しいフォーマットで、さらに多くのデバイスでの採用を目指しています。



Google、VR180を標準化した編集フォーマットに変換するMac、Linuxアプリをリリース

VR180は、180°x 180°FOVに2台のカメラを搭載し、通常の360°ビデオの半分だけをキャプチャします。 Googleではこれがよりリアルな深みを提供し、没入型の静止画や動画提供が可能になるといいます。

編集処理を可能にする、新しいVR180 Creatorツールを使用すると、VR180カメラ所有者は既存のプロフェッショナルワークフローでキャプチャした映像を使用できます。

「Covert for Publishing」は魚眼レンズの撮影映像を標準化された等射影に変換できます。 Adobe PremiereやFinal Cut Proなどのアプリケーションで出力を編集することもできます。

一方、「公開準備」では、編集したフッテージを取り込んでVR180メタデータを再注入し、YouTubeやGoogle Photosにアップロードして2DまたはVRで見ることができます。

VR180 Creatorツールは、Googleから直接ダウンロードでき、macOS 10.9以降と64ビットLinuxをサポートします。