AppleのShazam買収に対する規制当局の承認は4月23日に決定?

0
240

Appleは昨年、Shazamを買収しているという噂を確認したが、欧州の反トラスト規制当局が取引についての調査を開始したと報告し、買収計画は難航しました。

Appleは昨日、この取引の正式な承認を求めており、欧州委員会は本日、4月23日までに決定を下すと述べたが、必ずしも最終的なものではない。



AppleのShazam買収

ロイター通信は、この問題は欧州7カ国が調査を依頼した後、EUの競争庁に照会されたと報じた。

比較的小規模な会社の買収が独占禁止法の調査につながるのは奇妙なことですが、それは財務的に小さい取引でも、データとしては大きな意味を持つためです。

Appleはもちろん、iTunesのダウンロードとApple Musicの両方のストリームを通じてAppleの顧客に関するデータを公開していますが、Shazamのデータを手に入れることは、Androidのユーザーを組み込んだプラットフォームと市場の両方で、自身のプラットフォームを拡大させることができる事を意味します。 Apple Musicは限られた国で運営されていますが、Shazamはグローバルです。

投資家によると、Shazamのビジネスで過小評価されている点の1つは、Shazamが音楽業界の専門家向けの分析管理センター(「ダッシュボード」)を提供していることです。レコードレーベルやエグゼクティブは、人気を得始めている曲を発見することができます。

EUはそれを些細なことではないと考えている。

欧州委員会は4月23日までに決定を約束しているが、それはもうちょっとかかるかもしれない。

小規模だがデータの豊富な企業に懸念を表明していた欧州委員会は、条件の有無にかかわらず取引をクリアするか、4ヶ月間にわたる調査を開く予定です

後者の場合、夏まで最終的な決定に達することはできないかもしれません。