AppleのクラウドデータベースFoundationDBがついにオープンソースに!

0
279

AppleはGithubで新しいオープンソースプロジェクトをリリースしました。 FoundationDBは、「汎用サーバーのクラスター間で大量の構造化データを処理するように設計された分散データベース」です。

データベースシステムは、パフォーマンス、スケーラビリティ、フォールトトレランスに重点を置いています。バックエンドでデータベースを使用するアプリでは、維持しやすく、高速で、コストもかかりません。



AppleのクラウドデータベースFoundationDB

FoundationDBは、もともとDave Rosenthal、Dave Scherer、Nick Lavezzoによって2009年に設立され、エラーが発生してもデータの完全性を保証するように設計されたデータベースのプロパティセットであるACID準拠のNoSQLデータベースを目標としています。

Appleは2015年初頭にFoundationDBの会社を買収し、おそらく過去2〜3年間、iCloudサービスに使用してきました。

最近の記事では、CloudKitの仕組みについて説明していますが、エンジニアがアプリ開発者がデバイス間でユーザーデータをジェネリックで使いやすい方法で同期できるよう、NoSQLデータベースの使用についてコメントしています。 CloudKitは、iOSバックアップ、写真、iWork共有、iCloudドライブなど、iCloudの多くの機能の背後で動いているAppleのクラウドデータベースです。

FoundationDBをオープンソーシングするということは、一般ユーザーや企業が自由に利用できることを意味します。 Appleの目標は、プロジェクトの周りにコミュニティを構築し、FoundationDBを次世代の分散データベースの基盤とすることです。

オープンソースになることで、外部の人たちがプロジェクトに貢献できるようになり、間接的にAppleのサービスをより安全で信頼できるものにすることに貢献します。