GoogleはレストランレビューサービスZagatをInfatuationに売却

0
104


Googleは2011年にZagatを1億5,100万ドルで買収した後、Zagatの売却を発表しました。売却先は、Googleのオリジナル購入とかなり類似している別のレストランレビューサービスであるInfatuationです。



GoogleはZagatをInfatuationに売却

この取引ニュースはThe New York TimesとInfatuationとのインタビューの中で初めて報告されています。Infatuation社は9年前に設立されました。

Infatuationの共同設立者であり、最高経営責任者(CEO)のChris Stang氏は、電話インタビューで「Zagatの歴史と、Zagatが何を多くの人々に与えているかを考えるたら、この取引は大きなチャンスです」と語った。

Infatuationは、社内の査読者のチームを維持し、米国、ヨーロッパ、アジアの18都市で営業しています。 NYTによると、このサービスはWeb、iOS、およびAndroidクライアントを維持し、特にアクティブなInstagramとソーシャルハッシュタグを使用しています。

Zagatは、Googleが地元の取り組みに注力したMarissa Mayer元経営者の指導の下、2011年に買収されました。それ以来、Maps and Searchナレッジパネルに統合されていました。このサービスは最近、2016年に再設計されましたが、Googleでは十分に活用されていなかったようです。

取引条件は明らかにされておらず、Googleが年初にZagatを売却する非公式協議を行った後に公表となります。

Zagatは、Infatuation傘下で別のブランドとして運営され、ユーザー向けコンテンツを生成するのに利用されます。

InfatuationのコンテンツはGoogle Search、Maps、Yelp、および多数の競合サービスのユーザーレビューとよく似ています。

その一方で、Infatuationはユーザー調査の拡大と他のクラウドソースレストランのレビューが強力で、より意味のある代替案を生み出す「技術指向プラットフォーム」の開発にも注力しつつ、国際的に拡大する予定です。