クアルコム、スマートフォン用に設計された画期的な5Gミリ波アンテナを発表 !

0
157


5Gのような新しいネットワークを展開する場合、多くの通信チップが必要で、多くの障害があります。近年の5Gセルラー技術への移行の最大の課題の1つは、現代のスマートフォンの内部に収まる、小型で正確なミリ波アンテナを製造することです。クアルコムは、5Gに必要な高周波で動作可能なアンテナモジュールQTM052を製作するのに苦労しています。この小型アンテナの生産は、次世代5G技術を実現するための最大のハードルの一つがクリアされたことを意味します。



クアルコム、スマートフォン用に設計された画期的な5Gミリ波アンテナを発表 !

次世代5Gミリ波(mmWave)スペクトラムは、4G技術よりも高い周波数で動作し、非常に高速で低遅延で帯域幅を拡大します。これはスマートフォンの高速かつ高帯域幅の要件にあった理想的なセットアップのように思えます。

しかし、クアルコムによると、この時点までにmmWave技術には多くの問題があったといいます。まず第一に、非常に高い周波数で動作するため、遠くまで届く事ができません。また、非常に簡単にブロックされてしまうため、アンテナに手を当てれば信号が完全にブロックされます。

この問題を回避するために、スマートフォンフォームファクタの内部には不可能だった複数のmmWaveアンテナが必要になります。クアルコムは、スマートフォンの内部に収まるように小型でありながら、5Gセルサイトとのハンドシェイクが可能な4本のアンテナで構成されるアンテナアレイを製作しました。

言い換えると、5Gセルは複数の方向を指す複数のビームを生成し、クアルコムの付属X50モデムはすべてのビームを追跡します。 1つのビームが手でブロックされていると、モデムは即座に切り替わります。これはすべて小型のモデム配列によって可能になり、単一のデバイスの内部に複数の配列を持つことが可能になります。

以前のmmWave技術はアンテナが巨大でした。クアルコムが電話機に収まるようにアンテナを削減できたことは、ネットワークインフラ業界で革新的な進歩です。

クアルコムは、mmWaveアンテナを使用した最初のデバイスを来年初めに提供開始する予定で、これらはモバイルホットスポット型デバイスである可能性が高いといいます。この技術をサポートする最初のAndroid搭載端末が登場するかもしれません。