マイクロソフト、新たなSurface Hub 2ディスプレイを発表

0
487

マイクロソフトは現在、巨大な55インチおよび84インチの4Kスマートディスプレイを兼ね備えた第2世代Surface Hubを開発中です。 「The Surface Hubはまったく新しいデバイスカテゴリを作り出しました。私たちは世界中にないプロダクトが実現し、興奮しています」とMicrosoftの広報担当者は述べています。



マイクロソフト、新たなSurface Hub 2ディスプレイ

マイクロソフトは、2018年前半にSurface Hub2を発表する予定ですが、購入できる時期は明らかにしていません。マイクロソフトでは、既存のSurface Hubデバイスの新しいオペレーティングシステム・アップグレードにも取り組んでおり、Surface Hub 2ソフトウェアの多くの機能を現在のモデルにも提供したいと考えています。

Googleは昨年、独自のデジタルホワイトボードを発表し、Microsoftの55インチSurface Hubを下回る、4,000ドルの価格設定とした。 Microsoftの84インチモデルの価格は現在21,999ドルです。これらは高価なオプションですが、マイクロソフトは25カ国、5,000社以上の企業にSurface Hubを販売しています。フォーティネス100社の半分以上がSurface Hubを所有しています。

マイクロソフトでは、Surface Hubの需要が年間を通して供給を上回ると予想しているため、これらの巨大ディスプレイを迅速に製造するのに苦労しているようだ。マイクロソフト社は、昨年の同社のSurface Hubの米国製造工場を閉鎖した。恐らくコストを削減し、他の場所で生産をスピードアップ予定です。マイクロソフトは、もともと2015年1月に特別なWindows 10イベントでSurface Hubを発表しました。その4Kディスプレイはその年に出荷されるはずでしたが、2016年3月まで出荷が遅れています。