Google、ウェブ全体をAMPのように高速化する計画中!

0
225

 

Googleは、Web標準を担当するグループにAccelerated Mobile Pages(AMP)フレームワークに関連するテクノロジをつかうプロジェクトを正式に開始すると発表しています。理論的には、ほぼすべてのウェブページがAMPとほぼ同じ恩恵を受けられる可能性があります。つまり、即時のローディング、複数のプラットフォームでの配布、Googleのプロパティ上での配置になります。



Google、ウェブ全体を本格的にAMP化する計画?

AMPは、他の「インスタント記事」と同じくらい、速くて移植性の高いウェブページを作成しようとするGoogleの試みです。AMPは、プラットフォーム上のリンクをクリックすると、記事が既にアプリにプリロードされているため、記事が読み込まれるのを待つ必要がない仕組みになります。 AMPの目標は、Web自体に同じパフォーマンスをもたらすことです。

AMPは、非常に賢い工学的な手法を使っています。
ウェブページをインスタントで持ち運びできるようにするには、非常に巧妙で非常にクルージーなハッキング技術が使用されています。

AMPに関して印象的な技術は。ウェブページを公開すると、どのキャッシングサーバーからでも配信できるようになります。しかし、それが実際速くなるわけではありません。実際に差をつけるためには、既にバックグラウンドでプリロードされており、即座に読み込むことができる必要があります。

現状のWEBサイトは、AMPの高速キャッシュ可能なサイトにするために、AMP用の書式でサイトを構築する必要があります。

Googleが提案しているのは、Web全体をAMPに変えるのではなく、AMPで使用している巧妙な技術の一部をつかい、WEBをきれいにキャッシュ化できるように生成する方法です、これが実現できれば、ほぼすべてのWebページを簡単に配布でき、AMPでサポートされているWebページと同じようにすばやく読み込むことができます。

Googleは、AMPがより速く、迷惑をかけないモバイルウェブへの道を示すことができると考えている。

Googleの目標は、トップストーリーズカルーセルのような機能を、(1)一連のパフォーマンスとユーザーエクスペリエンス基準を満たし、(2)一連の新しいWeb標準を実装するAMPライクなコンテンツにまで拡張することです。クリティカルパスで提案されている標準の中には、Feature Policy、Web Packaging、iframe promotion、Performance Timeline、Paint Timingなどがあります。

次のステップはおそらく数ヶ月かかるだろうと思われます 。さまざまな標準化団体が、提案をハッシュアウトし、試してみて、同意する必要があります。そして、Webを標準化するのはW3C本体だけではありません。ウェブページをオフラインで再配布することを可能にするウェブパッケージ技術は、実際には別の団体によって合意される必要があります。