Googleではサードパーティ製品にカスタムGoogleアシスタントコマンドを追加できるように

0
93

Googleは、Google Assistantをもっと役立つものにするための新たな機能を追加しています。Google Assistantでは、他の企業がカスタムコマンドを作成できるようになります。



サードパーティ製品にカスタムGoogleアシスタントコマンドを追加

現在、アシスタントが組み込まれたデバイスは、Googleが独自に設定した「オン」、「オフ」、「調整」などのいくつかのユニバーサルコマンドに限定されています。これは、より高度な製品を開発しようとしている場合、明らかにかなり制約となります。 Googleは、あらたなコマンド開発をメーカーにまかせることで、より多くの柔軟性を提供し、アシスタントを役立つものにすることを願っているようだ。

製造業者は、コマンドの構築方法を広範囲に選択できます

たとえば、オーブンメーカーは、「オーブンを対流に設定して350度に予熱する」などの特定の設定の音声コントロールでこの機能を使用することができます。アシスタントの利用を真剣に考えているメーカーは、Googleの標準的なコマンドよりもはるかに深く、音声でより多くの制御を可能にすることができます。

LGはすでにこれを利用しているようだ。コマンドを発行する前に "LGと話す"と言ってアクションを呼び出さなければなりませんでしたが、LGの製品で何をしたいか具体的な指示をだすことができます。

アシスタントのカスタムコマンドを解放することに加えて、Googleは今日もいくつかの新しい機能を発表しています。特定のアシスタントアクションで電話に通知を送信できるようになります。アクションでは、メディア再生能力も向上しています。