Boseはサウンドに重点を置いた拡張現実感、ARメガネを開発

0
217

BoseはSXSWでAR(拡張現実)メガネを取り組んでいます。 BoseのARコンセプトは、Google GlassやIntelのVauntメガネのように、データを視覚的に重ね合わせる代わりに、音声に焦点を当てています。CNETの報告書によると「情報と経験の可聴層」を現実世界に追加することが目的といいます。



Boseのサウンドに重点を置いた拡張現実感、ARメガネ

Boseは、Bose AR SDKをリリースして、Bose ARを使う企業に投資するための5,000万ドルの基金を設定している。同社は、音声ARを開発するためのプラットフォームとして大きな期待を持っている。

今のところ、同社はSXSWにヘッドフォンを内蔵したメガネを展示しています。Boseによると、ARプラットフォームは、ヘッドフォン、ヘルメットなどがあり、ボーズARは、オーディオだけではありません。デバイスはセンサーを使用してジェスチャーコントロールのヘッド動作を追跡し、ペアのスマートフォンから場所を追跡するためのGPSを使用します。

オーディオベースの拡張現実の利用には、 いくつかのアイデアがあります。同社は、Bose ARデバイスに、歴史的なイベントやランドマークを訪問したときにそれを再現したり、GPSがあなたが空港に到着したことを検出したときに、ゲートへの音声案内をおこなうことを想定しています。同社はまた、Bose ARプラットフォームとビジュアル情報を組み合わせることを目指しているため、探しているサインの翻訳を聞くことができ、ウィンドウを見て天気予報を入手したりできます。