Tweetbotが全てのApp Storeから非公開に?すぐに復帰したようです

0
199

人気のあるサードパーティのTwitterアプリTweetbotがApp Storeから消えたとネット上では炎上が起こりました!実際、TapobotのソフトウェアはiOSとMac App Storeの両方からすべて消えてしまいました!パニックに陥らないでください。アップルデベロッパープログラムのバグが原因だったようで、アプリはすぐに復帰しました。



Tweetbotが全てのApp Storeから非公開に?

MacアプリのTwitter公式アプリが終了したため、大手サードパーティーの代替iOSクライアントとして使われているTweetbotがStore非公開になった時、世界中で一種のパニックが発生しました。

この問題により、新しいiOSデバイスを設定したり、バックアップからリストアしているユーザーは、Tweetbotをダウンロードすることはできまんでしたが。幸いにも、これは一時的な問題で復旧されています。

原因は、Tapbotsの開発者アカウントの有効期限が切れたことで、自動更新オプションが何らかの理由で失敗し、すべてのTapbotsアプリがストアから非公開になるという恥ずかしい問題でした。

App Storeにアプリを提出するには、開発者がアップルデベロッパープログラムのメンバーになる必要があります。アップルデベロッパープログラムのメンバーは年間99ドル以上の費用がかかります。メンバーシップの有効期限を過ぎ継続契約がないと、アプリはApp Storeから非公開になります。

アップルでは、​​開発者が手動でアカウントを更新できるようにしていますが、自動更新オプションもあります。 Haddadによると、Tapbotsはクレジットカードで自動更新を設定していたが、支払いを試みた時点でカードの有効期限が切れていたという

Tapbotsチームがこのような問題を起こすことは残念な状況ですが、これは、まだTapbotsがパニックを止めることができる簡単な問題で済みました。 TweetbotやCalcbotのようなアプリはすでに復帰しています。