ジュラシック・ワールド・アライブ、ARで恐竜を再現、ポケモンのようなゲームでiOSとAndroidに登場

0
711

ユニバーサルスタジオとモントリオールを拠点とするビデオゲーム会社のルディアは、ジュラシック・ワールド・アライブを創り上げるためにチームを組んでいます。今年の春に登場する新たな拡張現実ゲームで、NianticのPokémonGOに非常に似ています。



ジュラシック・ワールド・アライブ、ARアプリ

プレイヤーは、GPSの現在置に基づいて、ゲームの地図上を歩き回り、恐竜を見つけて卵を集めます。しかし、Ludiaは他のプレイヤーと直接戦うことができるため、単純なポケモンGOのクローンではないようです。

「プレイヤーは恐竜を地図上に配置し、ゲーム内でDNAサンプルを収集することで恐竜を発見していきます」と開発者Ludia氏は説明します。好きな恐竜で写真を撮ったり、捕らえた恐竜のレベルを上げたり、ポケモンと違い、他のプレイヤーと戦うことができます。

この新しいゲームは、ジュラシック・パークの最新映画ジュラシック・ワールドの6月22日上映き先立ってリリースされる予定です。

ユーザーは、ジュラシック・ワールド・アライブ(Jurassic World Alive)の事前登録が可能で、ゲームがリリースされたときにゲーム内のインキュベーターを受け取ることができます。

ジュラシック・ワールド・アライブは、新しいARタイトルではありません。 PokémonGOクリエイターNianticは、没入型のHarry Potter:Wizards Uniteゲームにも取り組んでいます。ARベースのGhostbusters Worldも今年登場します。

アップルが開発者向けのARKitリソースに引き続き投資しているため、ARの開発が活発に行われています。

これらのツールを使用することで、開発者はいちから開発なくてもAR機能を自分のアプリに組み込むことができ、今後のiOS 11.3、AppleのARKit 1.5アップグレードでは、垂直面マッピングと高解像度キャプチャをさらに利用することができます。