iPhoneまたはiPadでiMessageを無効にする方法

0
105

iMessageでは、電話番号宛にキャリア通信ができない場合でもWIFIなどのデータ通信を使ってメッセージを送受信できます。これは、飛行機などの携帯電話サービスが利用できない場所でメッセージを送受信する事ができます。このサービスを使用すると、iPhone、iPad、Apple Watch、Mac、さらにはHomePodからでも簡単にメッセージを送受信できます。ほとんどの場合でこの機能は有難いですが、全ての端末でiMessageを受信してしまうため、迷惑になる場合もあります。今回は、iMessageを受信したくない端末でオフに設定する方法をご紹介します。



iPhoneまたはiPadでiMessageを無効にする方法

[設定] > [メッセージ]に移動します

一番上のiMessageトグルをオフに切り替えます

無効にするまでに数秒かかることがあります。設定が完了するとiMessageは無効になり、メッセージアプリはSMSサービスでのみ送信されるようになります。

iMessageを無効にすることはあまりおすすめできませんが、無効にする別の理由に、SMSのビデオや写真が容量をとるため、容量の少ない端末ではオフに設定してSMSの容量を減らす目的もあります。