マイクロソフト、ローエンドのAndroid端末向けにSkypeを最適化

0
164

マイクロソフトでは、古いバージョンのOSを搭載したデバイス向けに最適化された、Skype for Androidの最新版をリリースし、ローエンドのデバイスのオーディオとビデオの品質を向上させています。



ローエンドのAndroid端末向けにSkypeを最適化

新しいアップデートでは、バージョン4.0.3から5.1を実行しているAndroidデバイスのアプリが最適化されます。マイクロソフトは、このバージョンが「ディスクとメモリの両方で消費されるのがより軽い」と述べています。また、パフォーマンスが向上するだけでなく、優れたオーディオとビデオを提供します。このアップデートは、今後数週間で世界中に展開されます。

このアプローチは、GoogleがAndroid Goで導入している、Androidの処理能力、RAM、ストレージなどを必要としない仕組みを応用しています。Android Goは限られたインターネット接続の地域でも機能するように設計された携帯電話で、そのような限られた仕様でも動作するように設計されたアプリが付属しています。

Skypeの最適化は、ローエンド向けに最初に対応したアプリではありません。Facebookは、昨年10月にAndroid向けMessenger Liteをリリースしました。これは、通常のアプリから一部の機能を削減しました。