スウェーデンのアーティスト、ARKitの顔追跡機能を使ってiPhone Xで錯覚を楽しめるアプリを作成!

0
356

スウェーデンのアーティストが、ARKitの顔追跡機能とiPhone Xの3Dカメラを使用して、ややおかしな外観の錯覚をおこさせる楽しいアプリを作成しました。



ARKitの顔追跡機能を使ってiPhone Xで錯覚を楽しめるアプリ

目の位置を追跡し、iPhone Xの画面に表示される画像を調整することで、スウェーデンのアーティスト、Peder Norrby氏は立体的な穴を見下ろす錯覚を作り出すアプリを作成しました。

彼はオリジナルのツイートで、ビデオ効果は使用していないと説明した。

彼はそれがどのように行われたかを説明するフォローアップビデオ(下)を投稿しています。同じテクニックを使って、オブジェクトがディスプレイから浮き出るように見えるようにすることもできています。

Norrby氏はUnity 3ゲームエンジンを使用し開発していました。Appleとソースコードの両方を利用できるようにすることを約束しています。

彼は1つの弱点を認めています。錯覚はモノスコープであり、実際にアプリをやめるときには、目を閉じる必要があるとのことです。

The Parallax Viewと呼ばれるこのアプリは、現在App Storeで審査レビュー中です。