スマートなガーデニングガジェットで園芸をより簡単に楽しく!

0
314

毎年夏に美しく咲き誇るプライベート庭園をつくったり、毎年秋には、家庭菜園で美味しい果物や野菜を収穫してみたいとおもったことはありませんか? その目標は、スマートな技術を搭載さいた、新しいデバイスの助けを借りて、現実化することができます。特別に設計されたスマート製品を使用すると、園芸がはじめての人でも楽しく、簡単に園芸を楽しむことができます。今回、スマートなガーデニングガジェットをご紹介します。



RainMachineの予測スプリンクラー

花や植物に水を多くあげすぎたり小さすぎたりすると、適切に育たないことがあります。しかし、その日はすでに庭に水をあげていたのに、予期せず雨が降ってきてこまったことはありませんか? RainMachineの予報スプリンクラーを使用すると、天気情報を加味して水やりをおこなうことができます。

このデバイスは、Weather UndergroundやNational Oceanic and Atmospheric Administrationなどの情報源を使用して日々の天気予報に基づいて庭園の水量を調整し、できるだけ正確なデータを確保します。

RainMachineはWi-Fiに接続でき、6時間ごとに新しいデータをダウンロードします。 RainMachineは、今後の雨を考慮に入れて、庭にまく水の量を調整できます。6.5インチのカラータッチスクリーンを使用すると、デバイスを簡単に制御および監視し、自由に設定を調整できます。また、IFTTTを通じてRainMachineをAlexaとNestと統合することで、スマートホームデバイスとして利用することができます。

Xiaomi Soil Tester Moisture Meter

植物が必要とする水分、日光、肥料の量を目で確認することは必ずしも容易ではないため。植物を世話して育てるのは難しいかもしれません。 Xiaomi Soil Tester Moisture Meterは、必要な水分、日光、肥料を見極めることができます。このデバイスは、植物の健康状態を監視し、土壌の湿気、周囲温度、光の強さなどの詳細をスマートフォンに直接報告します。このアプリの広範なデータベースには、900以上の植物の情報があり、最大3,000種類の植物に対し、必要なものを自動的に特定することができます。



GreenIQスマートガーデンハブ

園芸費用を節約してスマートな園芸をしたいですか? GreenIQのSmart Garden Hubは、現在および将来の気象状況に基づいて、水やりのスケジューリングを制御できるため、菜園の水消費量を最大50%節約できます。このアプリを使用すると、毎日、毎週の水使用量レポート、貯蓄分析、蒸発散量と降雨量の指標をチェックすることができます。また、庭の散水パターンを定式化して、日ごとに実行するか、特定の曜日にのみ実行することもできます。スマートガーデンハブは他のスマートガーデンデバイスとシームレスに統合できます。



ScareCrowモーション活性化動物防虫ツール

あらゆる虫から植物を自動で守るのに、ScareCrowモーション活性化動物防虫ツールは役に立ちます。装置が虫や動物の存在を感知すると、雑音と(無害な)水の放出によって虫や動物を驚かせ、虫や動物が近ずくのを防ぎます。 ScareCrowは最大1,200平方フィートのスペースを保護することができ、単一の9ボルトバッテリーはデバイスを最大6ヶ月間24時間機能させます。

Netatmo気象ステーション

例えば、キュウリを植えるために気候がいつ適切かを知りたくありませんか?Netatmo Weather Stationでこれらの懸念事項を解決することができます。屋内や屋外の大気状況を詳しく分析します。ボタンをタップすることで空気の質、湿度、温度、圧力に関する情報を得ることができます。気象警報をスマートフォンに直接送信できるようにプログラムされており、リアルタイムで気象に変化に植物が最適かの情報を受信することもできます。たとえば、風の状態など、強い突風がある場合、傷つきやすい植物を風からまもるために取り込んでおいたりすることができます。