マイクロソフト、最新のiOSアクセシビリティアプリ Soundscapeは、AirPodsを使って視力障害のある方をガイド

0
262

マイクロソフト社は今日、視力障害を持つ人々のための新しいアプリをリリースしています。 iOS用Soundscapeアプリは約4年間開発されており、今では無料で利用できます。



マイクロソフト、最新のiOSアクセシビリティアプリ Soundscape

アップルは、製品や建物にもアクセシビリティ機能を提供することで有名です。しかし、マイクロソフトではアクセシビリティで貢献できるいくつかのアプリを追加しています。

先週、ユーザーがMicrosoftのDisability Answer Deskの助けを借りて85万人以上のボランティアからのサポートを受けることができる、Be My Eyes iOSアプリのアップデートを確認しました。

今週の、Soundscapeアプリのリリースは、視覚障害を持つユーザーに、AppleのAirPodを利用することで、より安全で簡単な移動を可能にする別の手段を提供します。

Soundscapeアプリの仕組みと使い方

Microsoft Soundscapeは、3Dオーディオ技術を使用して、周囲の状況に対する意識を高め、周囲を歩き回り、周囲を探索するのに役立ちます。 Soundscapeは、オーディオキューやラベルを3D空間に配置し、周囲のポイント、公園、道​​路などの方向から音が聞こえるようにします。屋外で快適に着用できるステレオヘッドセットが必要です。たとえば、骨伝導ヘッドセット、Apple AirPod、インイヤー型オープンヘッドフォンで、うまく機能することが確認されています。 Soundscapeはバックグラウンドで機能するように設計されており、周囲の状況を音で的確に提供します。同時に、ポッドキャスト、オーディオブック、電子メール、GPSナビゲーションなどの他のアプリと組み合わせて自由に使用できます。

主な機能

道を歩いているとき、Soundscapeはユーザーの確認が必要な主要なポイント、道路、交差点を自動的に呼び出します。これらは調整してオンとオフを切り替えることができます。
オーディオビーコンを関心のあるポイントに置くことができます。移動すると、オーディオビーコンが聞こえます。目的地、戻ってくる地点、または慣れ親しんでいる目印など、追跡したいと思う地点にオーディオビーコンを置くことができます。
「場所」は現在の位置と向いている方向を表します
「周りに」は、4つの方向、それぞれの近くにある興味のあるポイントを説明し、向き、方向をしめしてくれます。バスを降りるときや駅を出る時に便利です。
「前に」は、通りを歩いているときなど、あなたの目の前にある興味のあるポイントを説明します。

Soundscapeは米国App Storeから無料でダウンロードできます。