弱いSMSシステムに代わる次世代の、モバイル認証プラットフォームを主要な米国通信事業者が検討

0
158


私たちは一般的に、顧客獲得ため激しい競争を繰り広げている米国4大、大手キャリアをみてきていますが、ライバルでさえも時に協力することがあるようです。モバイル認証タスクフォース(AT&T、Verizon、T-Mobile、およびSprint)は、「次世代モバイル認証プラットフォーム」と呼ばれる製品の詳細を発表しました。



次世代モバイル認証プラットフォーム

そこのシステムは今日の数多くのサービスで使用されている劣化したSMSベースの認証方法を置き換えるためのキャリアソリューションになる可能性があります。SMSの問題は、電話番号がプライベートではなく、偽装することは不可能ではないということです。

この非常に安全なソリューションは、認可されたアプリケーションのためにあり、暗号化された電話番号とプロファイルデータを同意した状態で提供します。認証された携帯電話番号、IPアドレス、SIMカードの属性、電話番号の在留期間、電話アカウントの種類などの固有の属性を処理することで、認証のセキュリティが強化されます。さらに、高度な分析機能と機械学習機能を使用してリスクを評価し、顧客を保護します。

同グループは、開発者が新しいシステムに登録し、アプリの完全性を維持するために「プライベートで許可されたブロックチェーンテクノロジ」に頼ることができるとしている。昨年、新しいシステムを構築するための努力が始まっています。

モバイル認証タスクフォースは、盗難、銀行詐欺、不正購入、データ盗難から企業や消費者を守るためのモバイル認証ソリューションを開発するために昨年結成された、キャリアによって強化された安全性と信頼性の高いマルチファクタ認証プラットフォームネットワークです。タスクフォースビジョンには、GSMAのモバイルコネクト技術との相互運用性が含まれます。

今のところ、新しいシステムはまだ利用できませんが、グループはすぐに内部でテストを開始するとしています。結局のところ、タスクフォースは、年末までに新しいシステムを使用できるようにするために、開発者がシステムに登録できる新しいWebサイトも今年デビューする予定です。

今のところ、1Password、Authy、Google Authenticatorなどのサービスのアプリベースの認証、2段階認証のサポートが最も安全な方法です。