MWCで、ARCore 1.0が3月までに1億デバイスをターゲットにリリースと発表

0
617

Googleは昨年8月にARCoreを発表し、以前のTango拡張現実の取り組みの後継サービスとなる予定です。開発者プレビュー版は、昨年12月にリリースされ、PixelとPixel 2で最初にユーザーが使用できるようになりました。今日、新しい噂では、GoogleがMWC 2018でARCoreの大きな推進計画しているとあります。



MWCで、ARCore 1.0 の推進計画

来週、MWC 携帯電話のトレードショーが始まり、拡張現実感技術(AR)をAndroidに提供するための大きな推進計画を、Googleが発表するとみている。

以前の発表では、ARCoreは、1億台のデバイスで利用できるようにしたいと発言されており、おそらく、開発者はARCoreを組み込んだARアプリを、Playストアの広範囲で公開できるようになると思われます。

1つの主要な対応端末には、ARCoreを搭載した次期Galaxy S9がある可能性があります。サムスンは10月に、GoogleのハードウェアレスARソリューションをデバイスに採用し、既存のデバイスだけでなく将来のデバイスにもリリースだろうとコメントした。