DJIは、NAB 2018でMaster WheelsとForce Proを発表

0
111

DJIは、正式にDJI Master WheelsとForce Proをラスベガスで開催しているNAB(National Association of Broadcasters)で発表しました。これらのデバイスは、プロのカメラマンを対象としており、それに応じて価格が設定されています。これらは、DJ1のRonin 2とRonin-Sジンバルの非常に正確で映画的な動きを可能にします。

また、多くのドローン愛好家が、新しいDJIドローン発表を待ち望んでいましたが、残念ながらありませんでした。



DJI Master WheelsとForce Pro

Master Wheelsは1,2、または3のコントロールホイールを装備した高精度ジンバルコントロールシステムで、ジンバルのパン、チルト、ロールを非常にスムーズにコントロールして、ショットの映画的な動きを実現します。 Force Proはモーションセンシングシステムで、リモートでジンバルをコントロールできますが、マスターホイールよりもはるかに小さいフォームファクタを備えています。

Master WheelsとForce Proは、Master Wheelsが8,000ドル、Force Proが1,200ドルという高額なハイエンドデバイスです。これらは明日から予約注文が可能で、6月に出荷されます。

Master Wheelsをはく離させるものには、正確なCNC、ステンレススチールのコントロールホイールがあります。これは完璧な感触とコントロールを提供するために設計されており、ショットで安定した正確な映画の動きを作り出すことができます。 Master Wheelsにはモジュラー設計が採用されており、1、2、または3つのコントロールホイールを装備できます。


制御ホイールは、好ましい量の摩擦を提供するように調整可能で、異なる角度で、または遠隔で取り付けられれます。可能な限り最も強い信号強度を得るために、アンテナを遠方に取り付けることもできます。これは、最大1.875マイルの範囲で、デュアル周波数の2.4GHzおよび5.8GHzワイヤレス伝送を使用します。

Force Proははるかに小さくポケットに入れられるジンバルコントローラです。また、最大1.875マイルの範囲で、デュアル周波数の2.4GHzおよび5.8GHz無線伝送を使用します。