ルノー、より強力な電動モーターでZoeをアップグレード

0
428


ルノーZoeは、1年前にモデルの更新を行い、41kWhのバッテリーに更新し、約200マイルの走行を実現にしました。今年は、サイズが小さくなっていますが、2018年モデルのZoe用に、新しい強力なR110電動モーターを発表しました。



より強力な電動モーターでZoeをアップグレード

今日、プレスリリースでモーターの詳細を説明しています。

新しいR110モーターは、ルノーの電気モーター開発および生産戦略の最新の成果であり、ヨーロッパのナンバーワン電気自動車メーカーとして、この分野における専門技術を磨いてきました。わずか2年で開発されたオールルノーR110は、フランスのノルマンディーにあるメロンのCléon工場で製造され、パリ南西部のRenault Technocentre、Cléon 。 R90の卓越したエネルギー効率を引き継ぐことに加えて、R110は、重量と体積のいずれも増加させずに、12kWを生み出す電気機械とパワーエレクトロニクス関連の技術革新を組み合わせています。

12キロワットはZoeを強力なマシーンにはできませんが、80kWの出力はこのセグメントの車両にとって十分なパワーです。

ルノー・ゾー・プログラムのアシスタント・ディレクター、Elisabeth Delval氏は以下のようにコメントしています。

このパワーブーストのおかげで、ZOEは、さらに反応性が高く、汎用性がある車になりました。 ZOEを運転する喜びがあり、楽しむことができることに加えて、電気自動車でも最も長い距離を走行できます。

ルノーは、アンドロイドオートやブルーベリーパープルと呼ばれる新しいメタリックボディーカラーなど、2018年版のZoeにもいくつかの機能を導入しています。

更新されたZoeは、フランスで来月から発注することができます

ルノーは現在までに、Zie生産数が100,000台のに近づいているといいます。また、この車両はヨーロッパ市場でトップセラーのEVです。