Gboard 7.0 for Androidベータテストは、音声入力インターフェースを再設計

0
178

先週ベータ版に入ったGboardのバージョン7.0では、ユニバーサルメディアのキーボードや電子メールの自動生成など、いくつかの新機能がすでに登場しています。 Googleのキーボードアプリは、音声入力のためのインターフェースを再設計したA / Bテスト中です。



Gboard 7.0 for Androidベータテスト

Gboardは長い間、マイクアイコンを配置して、提案ストリップの右端に音声入力を提供しています。昨日リリースされたバージョン7.0.4では、キーをスペースバーの左に直接置き、特定のユーザーのための再設計をテストしている。

再設計された音声インタフェースでは、 [今すぐ話す]または[聞く…]ガイドとして、候補ストリップの中央に残り、リスニングインジケータは中央に配置され、拡大されています。視覚的には、このデザインは目立ち、視認性に役立ちます。

プレースメントは、ユーザーが絵文字キーまたは言語切り替えキーを有効にしているかどうかによっては、iOSキーボードと面白いくらい同じです。ただし、新しいキーの場所は残念ながらコンマボタンを犠牲にしています。

このテストは現在、Googleのいずれかの端末にのみ有効です。 Googleが再設計にコミットしているかどうかは不明だ。