Skydio R1ドローン、木々をかき分け追跡、驚くべき障害回避と主題追跡機能

0
582


ドローン業界は、新しいSkydio R1ドローンの驚異的な障害回避と追跡能力について白熱しています。Skydioがドローンの技術を披露してくれたビデオは素晴らしかったが、Skydioのマーケティングマネージャー、Pat Stahlから別のビデオが投稿され、驚きを与えています。このビデオは、自律的に飛行するSkydio R1が障害物を回避しながら、驚くほどうまく追跡をお貸しなっています。スノーボーダーは、木々の中をスノーボードし、Skydio R1は遅れず、スノーボーダーを追跡します!

Skydio R1の驚くべき障害回避と追跡能力!

Skydio R1ドローンは6対のカメラを使用して周囲の3Dマップを作成し、人工知能を使って人を認識、動きを4秒先まで予測します。

下のビデオで確認できるように、障害物回避と追跡機能は、驚くほどよく機能しています。ドローンが周囲の木々を避けながら、撮影カメラの枠の中心にスノーボーダーを維持しながら飛んでいる姿は驚きです。

以前、DJI Mavic Airで同様のテストをみましたが、自転車に坂を下るとき、DJI Mavic Airは追跡しきれず、フレームアウトしてしまっています。Mavic Airは2499ドルの価格ではありませんが、R1と比較すると、障害回避と対象追跡難しくみえます。

R1の唯一の欠点は、ドローンが滑らかな映像を撮影したい場合、あまりにダイナミックに動きになりすぎるため映像の乱れが激しいのが難点です。木々をすり抜けていく動画を見ていると、めまいを感じる人も出てくるでしょう。ドローンの動きを幾分制限して、より安定した角度と遠近感を保つことができれば、安定した撮影は可能なのかもしれません。