Google Gmailは、AMPを使いインタラクティブで魅力的なメールを実現へ

0
118

Googleは、SnapchatのようなAMPストーリーフォーマットを導入した後、モバイルに最適なモバイルページを電子メールにも導入しようとしています。今年後半にGmailのサポートが予定されています。



GmailがAMP対応へ?

Web上のAMP機能セットは、開始以来、リッチなWebページを構築できるようになってきています。 Googleは、これらのインタラクティブで魅力的、かつ実用的な体験を電子メールにも届けたいと考えています。

たとえば、電子メールで直接タスクを完了できるとします。電子メールのAMPを使用すると、予定にRSVPを送信したり、予定をスケジュールしたり、電子メールメッセージからアンケートを入力したりするなど、すばやく対応することができます。

現時点では、電子メールはインタラクティブではなく、ほとんどのアクションは、埋め込みリンクから先にいく必要があります。 Email for AMPは、ユーザーが多くのタスクを達成するために電子メールクライアント内に滞在できる環境を提供します

AMPが電子メールに導入する概念的な再考の1つは、静的でなく更新可能なライブコンテンツです。これにより、受信した電子メールの数を減らすことができ、ユーザーはメッセージに戻って状態の変化を見ることができます。

多くのユーザーは、フライト、イベント、ニュース、購入などについての情報を電子メールに頼っています。270億件を超える電子メールが毎日送信されています。電子メールのAMPは、情報が容易に最新の状態に保たれるようになるため、電子メールは決して古くならず、ユーザーがそれを見ると内容が常に新しい状態でみることができます。

AMP for Emailは、Pinterest、Booking.com、Doodleが既に経験を積み重ねているオープンな仕様です。前者は初期のAMPパートナーであり、ユーザーがパーソナライズドボードに「ピン」を保存できるなどの体験を提供しています。もう1つのデモでは、ユーザが旅行取引を更新したり、サブスクリプション設定を管理できることが示されています。

Gmailのサポートは今年後半に予定されており、スペックとデベロッパー向けのプレビューは今すぐ利用可能です。