Appleは、ARKitの新しいウェブページ機能を使ってアプリをスポットライト

0
489

Appleは、2017年にARKitが導入し、iOS上ので拡張現実、AR機能を紹介するため、ウェブサイト上に新しいページを立ち上げました。新しいページには、ARを取り入れた生産性、ゲーム、ユニークで斬新な方法を紹介しています。



AppleのARKitへの取り組み

ARKitは去年のWWDCで初めて開発者に提供され、iOS 11のリリースでユーザーへの提供が始まり、iOSはすでに世界最大のARプラットフォームであると言われています。アップルは今四半期だけで7700万台以上のiPhoneを販売しており、何百万もの既存のデバイスが既にARKit対応済みです。 Appleはまた、iPhone Xのデュアル光学式画像安定化など、最新のiOSデバイスに組み込まれている技術が、より正確で自然なAR体験を可能にすると述べています。

この新しいページにアップルが紹介しているアプリの中には、IKEAがアプリの拡張現実を早期に採用し、ポケモンが人気を集めているなどのコンテンツがあります。 GEやアメリカン航空のような他の企業の例では、ARKitの経験を日々の生活に統合する実用的なアプリを紹介しています。

ARkitの新しいサイト

Apple ティムクック氏は、拡張現実を「深遠な」テクノロジーと呼んでいる。 Appleは最近、iOS 11.3にARKit 1.5を導入し、表面マッピングと解像度の向上を改善しました。

ARKitは遅れているとおもっている人もいるが、Appleはプラットフォームに対する強い信念をもち、先取りしている。 3月には、サンフランシスコのゲーム開発者会議で「ARKit入門」講演会を開催する予定です。