ウォーレン・バフェット、IBM株式の90%を売却、Apple株を買い増し!

0
304

過去数年間、ウォーレン・バフェットのバークシャー・ハサウェイ社は、アップルの懐疑的な意見から、むしろ強気でApple社の株式を買い増ししている。 CNBCは、バークシャー・ハサウェイが、今回はIBMの保有株を売却し、Apple株式への出資を増やしたと報じた。



ウォーレン・バフェットはAppleへの出資に前向き

同レポートによると、バークシャー・ハサウェイはApple社の株式を23.3%増の1億6530万株で購入し、金額は280億ドルに上った。さらに、投資会社はIBM株式の94.5%を売却し、保有株式を205万株に減らしている。

昨年、バフェット氏は、テレビのインタビューで、最近の取引の中で、IBMよりも、大きな可能性を秘めているAppleへの投資に自信があると述べた。

バークシャー・ハサウェイは、Apple株式の保有額を倍増させましたが。将来の予期せぬリスクのために、バークシャー社が今後、より多くのApple株式を保有する可能性は低いとみています。

最近のAppleの持株数の増加に伴い、バークシャー・ハサウェイはAAPLの最大株主の1つです。株式は今日\( 3.03上昇し\) 167.37となった。