2018年のiPhoneは、Qualcommをやめて、Intelベースのバンドチップを独占発注か?

0
128

iPhone 7以降、AppleはクアルコムとIntelの両方で、iPhone用ベースバンドチップの発注をしています。 2018年のiPhoneについて、KGIは、AppleがQualcommとの法的な論争中のため、Intelをサプライヤーとして独占発注するだろうと報告している。



Intelが独占サプライヤーとなるか?

KGIは、IntelがAppleの技術要件を満たすことができ、より競争力のある価格を提供できると述べている。

11月に、KGIは、Appleが4×4 MIMOチップセットをサポートすることによってLTE伝送速度を大幅に改善すると報告した。当時、Ming-Chi Kuo氏は、AppleがQualcommへ約30%の注文をすると予測していました。

Ming-Chi Kuo氏は現在、クアルコムが、2018年iPhoneの発注から完全に除外されると主張している。しかし、KGIは、クアルコムが特許訴訟の和解をAppleとした場合、サプライチェーンに戻ってくる可能性を排除していない。

KGIによると、インテルがクアルコムと同等の5Gネットワ​​ーキングを可能にするバンドチップを用意できていない可能性もあるという。

KGIは、インテルのチップはデュアルSIMとデュアルスタンバイをサポートするとしている。しかし、Appleが2つの物理SIMスロットを備えたiPhoneモデルを作るかはまだ不明だ。

これまで、iPhoneモデルのベンチマークでは、Qualcommベースバンドチップセットを搭載したユニットが、Intel内部のモデルよりも若干優れた性能を発揮していることがレポートされています。