Google Fuchsia OSが改善!Pixelbookサポート、ブラウザ操作可能に、新しいUI要素

0
447

昨年5月のFuchsia OS初期では、いくつかの新しいインターフェースを垣間見ることができました。さらに数ヵ月後の今、さまざまなフォームファクタを実現した、Googleオペレーティングシステム、最新の体験版が公開されています。

開発中のOSを確認できる端末は、PixsbookにFuchsiaをインストールしたArs Technicaでした。



FuchsiaOS のUI

Linux以外、カーネルOSへの最後の挑戦はAndroid APKによるもので、Arsのハンズオンでは、時間を表示する基本的なものと、左上のフクシアのロゴと、電話とデスクトップ/タブレットモードを切り替える機能、反対側の角に位置する機能は、WiFiコントロールとログインでした。

Google従業員以外のユーザーは、ゲストのみがログインすることができます。このモードに入ると、昨年見たものに似たインターフェースを確認できます。

大きな違いは、Googleがデモ情報を埋め込んでいくつかの要素を微調整したことです。電話やタブレットでは、フクシアは基本的に3つのゾーンを持っています。最近のアプリは上に、中央にはコントロール、以下にはGoogleフィードと検索があります。

コントロールは、常に表示されているフクシアのプロファイルアイコンをスワップアウトして表示します。現在のデバイスのバッテリレベルとIPアドレスをタッピングしてクイック設定ができます。

Fuchsiaの動作確認

昨年のFuchsiaの実践では、最近のアプリのセクションに、常に空のデモアプリケーションが事前設定されていました。今回のOS では、ユーザーは実際にページの下部にあるGoogleバーに行ってアプリを起動することができます。その一方で、タブ付き画面と分割画面マルチタスクは変更されていません。

現時点では、Feed Likeのカードはデモ記事や共有通知で、起動するアプリのローカル検索のみが利用可能です。ただし、アラートには受信トレイとカレンダーのアイコンが表示されます。

印象的なことに、Arsはインターネットをサーフィンできる実際のWebブラウザになっています。Google.comはデフォルトのホームページで、ユーザーはその検索バーから他のサイトにアクセスできます。

静的な画像だけのアプリケーションの他に、(機能しない)電話ダイヤラ、ビデオプレーヤー、Googleドキュメントなどがあります。 Googleカレンダーは、既知のバージョン(タブレットやウェブアプリを含む)と微妙に異なります。

最新のハンズオンでは、「Capybara」やFuchsiaの「デスクトップ中心のユーザーシェル」も発見されています。