アップルパークの最新ドローン映像、造園と最終的な施設の映像

0
508

2018年に向け、Appleは新しいApple Park本部の建設を続けています。 Duncan Sinfieldの最新のドローン映像は、Appleが最近数ヶ月間に完了した施設と、まだ建設中の施設を撮影しています。



Apple Parkの進捗具合

Apple Parkを紹介している最近の映像を見ると、まだ残っている作業の多くは造園です。宇宙船のリングの内側の造園はだいぶ完成してきましたが、外側の造園はまだ、絶賛進行中のようです。

このビデオで、注目すべき点の1つは、Apple Parkの周辺に、大型の建設機械があまりないことです。これは、長年の作業を経て、建設がほぼ完了したことを示しています。

スティーブ・ジョブズ・シアター

また、新しいドローン映像では、スティーブ・ジョブズ・シアターを見ることができます。もちろん、Appleは9月にSteve Jobs TheatreでiPhone Xのイベントを開催し、内部と外部の両方を明確に写し出しています。



Apple Park Visitor Center

さらに、Appleは11月にApple Park Visitor Centerを一般公開しました。ビジターセンターでは、ユニークなApple Park商品を販売しています。

まとめ

Apple Parkの出来上がりをドローン映像でみれることは、非常に面白いことです。来月は、AppleがApple ParkとSteve Jobs Theatreの名前を発表してからちょうど1年になります。

最新のアップルパーク映像につきましては、こちらの新しいビデオをご覧ください。