最初のChrome OSタブレットがついに登場!

0
361

Chrome OSはラップトップ、デスクトップ、コンバーチブル、オールインワンなどのPCでリリースされていますが、今日までタブレット版はありませんでした。これは、Chrome OSを実行する最初のタブレット、Acer Chromebook Tab 10が発表になりました!



Acer Chromebook Tab 10、最初のChrome OSタブレット

Acer Chromebook Tab 10は、iPadに匹敵するタブレットになると期待さレテいます。Appleが新しい低コストiPadモデルを発表する1日前の発表だけに、Acerの気合が感じられます。

Acer Chromebook Tab 10には、iPadのように9.7インチ、2048×1536のディスプレイがあり、前面と背面のカメラ、約9時間のバッテリー寿命、OP1プロセッサー、4GBのRAM、32GBのストレージ、およびUSB-Cポート。また、microSDカードスロットとヘッドフォンジャックもあります。

特に注目すべき点は、Acer Chromebook Tab 10にもスタイラスのサポートがあることです。サムスンのギャラクシーノートシリーズのように、Acer Chromebook Tab 10には小さなスタイラスが内蔵されています。ワコムブランドのスタイラスで、バッテリーや追加充電は必要ありません。

Acer Chromebook Tab 10は、Appleの現在のエントリーレベルのiPadと同じ価格である329ドルで販売されます。 Appleは、明日、259ドルの低価格iPadをリリースする予定だと言われています。Apple Pencilにも対応する予定です。

AcerはAcer Chromebook Tab 10を一般に販売する予定だが、教育市場のデバイスを実際にターゲットにしている。このタブレットが今日発表されているのは偶然ではけしてありません。AcerとGoogleは、すでにリードしている教育市場でChrome OSを強化し、教育的なタブレットをりりーすしようとしているAppleと真っ向勝負を挑もうとしています。

Googleのオペレーティングシステムは現在、低コストで広範なクラウド保守ツールを使用しているため、学校などの教育現場でのコンピュータとして販売を独占しています。学校はChrome OSを既に使用されている可能性があるため、 329ドルで、Acer Chromebook Tab 10は他のChromebookよりも多少高価ですが、なれたChrome OSと考えると、採用の優位性はあります。

このタブレットは来月北米で発売され、5月には世界的に展開されいます。