サムスン、ディスプレイ自体に穴を開ける方向でiPhone Xノッチを実現する特許

0
453

iPhone Xの、Appleのベゼルレスデザインを実現するアプローチは、「ノッチ」という画面上部にカメラやセンサー用のの切り込みを入れる方法でした。しかし、サムスンの特許では、さらに一歩進んで、実際にカメラや他のセンサーを画面自体に埋め込む方法を出願しています。



カメラや他のセンサーを画面自体に埋め込む特許

LetsGoDigitalによって発見されたこの特許は、カメラ、スピーカー、その他のセンサー用に、フレキシブルOLEDスクリーンに穴を開ける方法を説明しています。このデザインによって、画面の全領域をコンテンツの表示に使用する方法が示されています。

特許に記載されている、図では電話の上部にテキストが表示され、自動的に穴の周りが周りこまれて表示できるようになっています。しかし、iPhone Xの写真やビデオと同じように、フルスクリーンの場合、このカメラ、スピーカー、センサー部分の表示を周りこませない、その箇所を省いた、小さなエリア表示の選択が提供される予定です。

ジェスチャーコントロール対応

もう一つの重要なiPhone Xのデザイン要素は、Appleがホームボタンを廃止し、ジェスチャーコントロールをメインに採用したことです。サムスンはこのような計画を持っていないようで、この特許は従来のアンドロイドのホームボタンを表示していいます。その一方で、新しいチップデザインは、サムスンがFace IDとAnimojiのバージョンに取り組んでいることを示しています。



サムソンのノッチ領域

また、この特許は、はるかに小さなノッチを有する別のアプローチを記載している。これは、Essential Phoneのデザインとほとんど同じです。

このノッチは、iPhone Xが公開されたときに、多く議論された設計要素の1つでしたが、ほとんどの所有者(自分自身も含めて)はすぐにそれに慣れたのではないかと思います。さらに、アップル社はFace IDセンサーをカメラに組み込むことで、センサーハウジングのサイズを縮小しようとしていると噂されています。