Universal Audio、Thunderbolt 3で、499ドルのバスパワーアローインターフェースを発表

0
120

NAMM 2018がもうすぐ開催されますが、イベントに先立ち、Universal Audioは新しいArrowオーディオインターフェイスを発表しました。、同社の高性能Apolloシリーズインターフェイスに似たデザインを特長とするArrowは、非常に魅力的な、シンプルでクリーンなオールアルミニウムシャーシを採用しています。

Arrowはユニバーサルオーディオの最も手頃なオーディオインターフェイスで、わずか499ドルで提供されます。

ArrowはThunderbolt 3を搭載した最初のUA製品です。つまり、高価なThunderbolt 3からThunderbolt 2ドングルを使い、Thunderbolt 3搭載の新しいMacにデバイスに接続する必要はなくなりました。

Arrowのもう一つのエキサイティングな側面は、真にポータブルで、外部電源接続を必要としないバスパワーユニットです。文字通りプラグアンドプレイのユニットが得られ、恒久的なデスクトップインストールで、ケーブル混乱を少なくし、よりクリーンな外観を実現しています。

細部まで、すべて上品で素敵なデザインですが、音質とパフォーマンスも負けていません。 14個のUAD-2プラグインが含まれており、UAD-2ソロコアDSPを使用したトラッキングとミキシングに使用できます。

Arrowには、高性能24/192 A / DコンバータにつながるデュアルリアXLR入力によって供給される2つのUnisonマイクロフォンプリアンプが含まれています。背面には左右のモニタ出力もあります。

フロントパネルには、1/4 “Hi-Zギター入力と、便利に配置された1/4″ヘッドフォン出力があります。

他のUAハードウェア製品と同様に、メインパネルには多機能ロータリーエンコーダーホイール専用のインターフェースがあり、プリアンプやモニターのレベルを簡単に調整できます。トップパネルには、入力、ハイパスフィルタリング、ファンタム電源などをコントロールするためのボタンがいくつか追加されています。

他のUAインターフェイスと同様に、ハードウェアとアプリの組み合わせで機能します。 14のUADプラグインには、コンプレッサー、EQ、リバーブ、プリアンプエミュレーション、ギターアンプエミュレーションが含まれています。また、追加のプラグインを購入することで拡張することができます。

もちろん、ソロコアなどデバイスには、極限を突き詰めようとするユーザーにとっては限界があり、Apollo Twin DuoやApollo Twin Quadなどのハイエンド製品が必要になります。

Universal Audio Arrowインターフェースは、499ドルで購入が可能です。