Apple WebKitチーム、Webアプリの応答性をベンチマーク確認できるSpeedometer 2.0をリリース

0
172

2014年に、AppleのWebKitチームはSpeedometerをリリースしました。このスピードメーターは、「Webアプリケーションの応答性をベンチマークで確認」できるアプリとしてリリースされました。その4年後の今日、Appleは、開発者向けに数多くの改善を加えたSpeedometer 2.0を発表しました。

スピードメーターは開発者がウェブアプリケーションでのやりとりをシミュレートすることを可能にし、2014年にSpeedometer 1.0がリリースされて以来、何年もの間、人気のあるフレームワークを実際に使用するためのプロキシとして、使用されてきました。

Speedometer 2.0では、Appleは最新のJavaScriptフレームワークとライブラリをサポートしていると言います。

過去3年にわたり、Reactを使用したサイトが増えています。 Reactは、ユーザーインターフェイスを作成するためのJavaScriptライブラリです。 PreactやInfernoなどのデリバティブも人気を集めています。 Speedometer 2.0には、これらのライブラリを使用して実装されたWebアプリケーションが含まれます。 ReactとReduxを使用したエントリも含まれています。これは一般的な状態管理ライブラリです。

WebpackとRollUpは、これらのライブラリで頻繁に使用される人気のあるJavaScriptモジュールバンドルで、Speedometer 2.0にはこれらのツールで生成された出力が可能になります。

**Speedometer 2.0には、より進化したJavaScriptのバージョンであるES2015のサポートも含まれています。 **「Speedometer 2.0には、クラス、const、let、arrow関数、テンプレートリテラルなどのES2015機能を使用して実装されたtodoアプリが含まれています」とWebkitチームは説明しています。

今日のスピードメーターのリリースには、さまざまな変更が加えられています。すべてはAppleのWebKitのブログでここに紹介されています。

Speedometer 2.0: A Benchmark for Modern Web App Responsiveness | WebKit