App Storeのガイドラインが、テンプレートアプリ、VPN、暗号化された通貨などで更新

0
4

Appleは本日、App Storeのガイドラインをいくつか改訂すると発表した。最新のガイドラインは、テンプレートアプリケーション、暗号化取引クライアント、VPNなどの新しい詳細を提供しています。

最も注目すべき点は、Appleはテンプレートベースのアプリケーションで論争の多い言語を明らかにしているところです。今月初めに、テンプレートサービスを使用して生成されたアプリがクラックダウンされていたと報告され、多くの正当なアプリケーションに悪影響を及ぼした。

しかし、今日、更新されたApp Storeのガイドラインは、より明確になっています。 Appleは現在、テンプレートやテンプレートサービスを使用して構築されたアプリは、「アプリ・コンテンツのプロバイダ」によって提出されなければならないと述べています。つまりは、各々のテンプレート利用者がアプリの提供者となれば問題なさそうです。

これは、テンプレートアプリケーションがApp Storeでまだ利用可能である事を示していますが、デベロッパーメンバーシップのために、より多くの企業が年間99ドルの支払いをする必要があります。

以下は該当箇所の引用です

4.2.6. Apps created from a commercialized template or app generation service will be rejected unless they are submitted directly by the provider of the app’s content. These services should not submit apps on behalf of their clients and should offer tools that let their clients create customized, innovative apps that provide unique customer experiences.

Another acceptable option for template providers is to create a single binary to host all client content in an aggregated or “picker” model, for example as a restaurant finder app with separate customized entries or pages for each client restaurant, or as an event app with separate entries for each client event.