Apple PencilをiPhoneで使用するための別の特許出願が公開

相当数のApple PencilファンがiPhoneのサポートを待ちのぞんでいますが、今日、それを叶える新しい特許が申請されました。

特許自体は、タッチスクリーン上の鉛筆の位置を識別する効率的な方法に関するかなり技術的なものであり、装置は最初に概略位置を特定し、その領域内の小さなセンサを活性化して鉛筆に必要な精度を提供するものになります。

タッチ感知システムは、入力装置の粗い位置を決定するために、1つ以上の粗入力装置の副走査を実行することができる。粗い位置は、入力装置からの刺激信号に符号化されたデータをデコードするためにサンプリングするための1つまたは複数のタッチセンサ(またはセンサチャネル)を選択するために使用することができる。 1つ以上の細かい入力デバイスの副走査の間、タッチ感知システムは、入力デバイスの微細な位置を決定し、選択されたタッチセンサ(またはセンサチャネル)からサンプリングされた入力デバイスからのデータをデコードすることができます。

この特許はタッチスクリーンデバイスに関する一般的な言葉でも言及しているが、図面のいくつかはすぐにiPhoneとして認識され、そのうちの1つは携帯電話とも呼ばれている。

1つの報告は、Appleが2019年のiPhoneに小さなApple Pencilをバンドルするかもしれないと示唆しており、そのアイデアは遠いものだと思われていました。しかし、やっと実現される方向が見えてきています。