DJI Sparkドローン – 購入オススメの13の理由

DJIスパークは、DJIドローンファミリーの中で最も新しいメンバーです。また、人気のドローンのうちの1つです。なぜSparkが人気のドローンなのか、分析してみました!

サイズの問題

サイズは重要であり、Sparkはこの部門でとても優れています。写真家が、いつも持ち運べるカメラは重要なポイントであるように、ドローンも持ち運びやすさは重要なポイントです。

飛行特性

スパークはコンパクトで軽量ですが、航空特性の点でも重要な機能を持っています。スパークは機敏で素早いです。どんな初心者でも始めて無人飛行機の操作を学ぶのに十分なほど簡単です。より高度で操作を楽しみたいユーザーであれば、スパークをスポーツモードに入れて楽しむことができます。スパークはその個性を変え、機敏で素早い小さな無人機に変わります。

DJIソフトウェア

スパークは、コントロールで正確に操作ができます。初めて操作するときは、初心者モードで飛ばせることができ、快適に操作できるようになるまで練習することができます。その後、通常の飛行モードとスポーツモードとインテリジェントな飛行モードを選択できます。

インテリジェントな飛行モード

DJIには数多くのインテリジェント飛行モードがあります。風景写真を撮りたいときは、三脚モードをオンにします。ドローンをユーザー追尾させ、ユーザーの行動をスキースロープに記録したい場合は、アクティブなトラックモードを使用してみてください。注目点は、ドローンが被写体を囲み、航空写真を可能にするモードがあることです。スマートフォンの画面をタップして無人機が飛ぶコースをプロットします。

手で飛ばす

DJI Sparkドローンを手で指示することができます。手のひらで指示すると動かすことができます。

障害回避

DJIスパークドローンには、障害物を検出して回避する特別なセンサーが付属しています。この機能は本当にうまく機能し、飛ぶ木や建物への衝突を防ぐのに役立ちます。スパークの後ろにはセンサーがないので、後方に飛ぶときは注意が必要です。センサーはスポーツモードでは無効になります。

多様性

ポータビリティの次に重要なのは多様性かと思います。 DJI Sparkは、コントローラを使用して、またはスマートフォンから直接飛行することができます。これは、スパークを一緒に持ち運び、飛ばすことを非常に簡単にします。コントローラを持っていなくても問題ありません。ただし、携帯電話から飛行する場合は範囲​​が限定されており、スポーツモードは利用できません。

頻繁な更新

DJIは頻繁にソフトウェアとファームウェアの両方をアップデートし、Sparkの飛行方法を継続的に改善しています。DJIは360度のパノラマ写真を撮ることができる新しい球体モードなど、新しい機能も追加しています。 DJIは、買った後でも、継続して製品を改善し続けています。それは評価できる点です。

アクセサリー

DJIは購入に、必要ななSparkアクセサリーをすべて含んでいます。バックパックからプロペラガード、バッテリー、ハンドガード、またはポータブル充電ステーションまで含まれています。

DJIゴーグル

DJI SparkはDJIゴーグルと互換性があり、ゴーグル越しにスパークの視点で体験できたり、飛行中にドローンの視点で他の人にも見せたりすることができます。

DJI、ブランド

DJIは、市場シェア60-70%を持つ世界最大の商業および熱狂的な無人機メーカーです。障害物回避、インテリジェント・フライト・バッテリー、エアロスコープなどの新開発により、多くの方法で道を切り開いてきた無人機メーカーからスパークを購入できる信頼が得られます。

安全性

DJIスパークドローンにはインテリジェントフライトバッテリーが装備されています。ドローンがバッテリー不足で戻る必要があるとき、パイロットに警告します。これが無視された場合、スパークは自動的に戻ります。さらに、Sparkはプロペラのガードを注文して装備することができます。プロペラのガードでは、無人機を屋内で飛行させることができ、人体への接触保護します。

Amazonからの購入はこちら


【国内正規品】DJI Spark(アルペンホワイト)