Motion Stills 2.0は、インターフェイスとARステッカーをよりスッキリ再設計

0
427


昨年末、GoogleのResearch社は、AndroidとiOS用の3つの新しい写真アプリをリリースしました。今日、主力のMotion StillsアプリはUIを再設計し、ARステッカーを追加する大きなアップデートを実施しています。



Motion StillsアプリはUIを再設計

モーションスチルのカメラビューファインダーは、シャッターボタンとモードスイッチャーを再設計して画面の下部にある新しいフロスト領域に移動させ、よりスッキリしました。このバーは、最近のキャプチャストリームの表示に変更しています。

キャプチャボタンはフロントとセンターにあり、ギャラリーを開くための伝統的なショートカットがあり、フロントとリアのレンズの切り替えは右下にあります。

色々なモードにアクセスするには、シャッターのすぐ上をタップして切り替えます。設定は右上に残り、選択したオプションがインラインで表示されます。

一方、新しいARモードでは、恐竜、ジンジャーブレッド、エイリアン、ロボット、チキン、惑星の6種類のアニメーションフィギュアの1つをオーバレイで利用できます。ユーザーはビューファインダー内の任意のサーフェスをタップして、オブジェクトをシーンに配置できます。ピンチはオブジェクトをズームまたは最小化でき、Motion Stillsはビデオを録画してキャプチャできます。

Motion Stills 2.0は現在、Playストア経由で公開されています。

Motion Stills 2.0 をGoogle Playで確認