Android 8.0 Oreoでは、Google Assistantとサードパーティ製アプリの統合強化

0
552

バーチャルアシスタントについては、Googleアシスタントはすぐに市場が提供する最高のものの1つに成長しました。サイトの性質を考慮して少し偏っているかもしれませんが、Siri、Alexaなどのサイトと比較して、Googleは多くの主要分野に優位性を持っています。

AmazonのAlexaは、サードパーティの開発者がAIの機能を利用してアプリケーション固有のタスクを実行できるようにする様々なスキルを利用しています。iOS 10のアップデートにより、Appleは同様の方法でSiriのAPIをオープンしました。

公式のAndroid Developersサイト(XDA経由)には、Android 8.0 Oreoを正式にサポートするアプリケーションがAndroidのアクティビティマネージャー内で新しいタスクを作成できるようにする新しいコマンド(startVoiceActivity)があります。このコマンドを使用すると、Intent.FLAG_ACTIVITY_NEW_TASKを設定して新しいタスクを作成できます。

基本的に、8.0 Oreoをサポートするアプリケーションは、その中でGoogle Assistantを開いて実行することができます。これは、ホームボタンを押し続けることでGoogle Assistantを起動する方法と異なり、この機能を追加することで、開発者がGoogleのAIをさらに制御してアプリケーションのさまざまな側面に統合できるようになります。

さらに、Google Assistantは、これを利用できる唯一の仮想アシスタントではありません。 Androidではデフォルトのアシスタントを選択できるため、Google Assistant、Cortana、Alexa、Houndなどのサードパーティーのアプリケーションが統合されていることがわかります。