Appleは、iWorkを教育分野に向けてアップグレード

0
179

 
 
 
Appleは、今日、特に教育分野で、Googleのアプリに対抗するため、iWorkを大幅にアップデートしました。今日のシカゴのイベントでは、AppleはPages、Numbers、Keynoteの新しいバージョンが、まもなく登場すると発表しました。そのすべてがApple Pencilをサポートしています。これはAppleがApple Pencilをサポートする新しいiPadを発表したことと関連している。ユーザーは、PagesまたはKeynoteで、Apple Pencilをつかい図面を追加することができます。また、Numbersでは「ラボレポート」を書くことができます。



Pagesで「Smart Annotation」という新しいツール

Appleは、Pagesで「Smart Annotation」という新しいツールを開発していると述べています。それぞれのメモは特定の単語に固定されて追加できます。

これらのアップデート、特にSmart Annotationは目玉機能となっています。 Googleドキュメントは、ライブコラボレーションとそのメモが広く使用されています。もしPagesでも、その機能を使うことができれば、ビジネスで多用される気アプリになるかもしれません。また、スタイラスを使用して論文をマークアップできることは、生徒と教師には魅力的な機能かもしれません。 Googleドキュメントでは現在、スタイラスによるアノテーションは許可されていません。