macOS用Google Chromeは、バージョン60でTouch Barサポートを追加

Google Chromeのバージョン60は、待ち望まれていたタッチバーのサポートを受けて、macOSに展開されています。このリリースでは、Payment Request APIや更新されたCredential Management APIなど、開発者向けのさまざまな機能のサポートも追加されています。

ベータ版とデベロッパー版のテストを数ヶ月行った後、Chrome for Macはついに安定版チャンネルでTouch Barのサポートを開始しました。今すぐブックマークと新しいタブのショートカットがあり、検索およびGoogleロゴをフィーチャーしたURLを入力するためのアドレスバーで調整できます。

ユーザーは、メニューバーの[表示]> [タッチバーのカスタマイズ]に移動して、タッチバーのレイアウトを変更することもできます。

ボタンの追加と削除に加えて、入力候補を無効にするオプションもあります。

新しいMacの機能に加えて、デスクトップ向けのChrome 60は、以前のバージョンがマテリアルデザインの再設計を展開した後、他の多くのユーザー向け機能が欠けています。しかし、Web開発者が利用できる多くのツールがあります。

CSSフォント表示プロパティとCSS @ font-face記述子は、サイトによるフォント読み込みを高速化します。以前?ブラウザーは、対応するフォントがダウンロードされるまでレンダリング・テキストを遅延させていました。これらの新機能により、開発者は、ロード中にChromeがテキストコンテンツを表示する方法と時期を指定できます。

ネイティブAndroidのお支払いアプリがAPIを活用するために、モバイル上でそれが可能にしながら、一方で、自動チェックアウトフォームの支払要求APIは、デスクトップで使用できるようになりました。最後に、開発者がCredential Management APIをより簡単に実装できるようになりました。

Chrome 60は、3つのドットメニュー> [ヘルプ]> [Google Chromeについて]に移動し、更新を確認することでダウンロードできます。