アナリストが目標を1兆ドルに引き上げると、AAPLの時価総額は8000億ドルに達する

0
1021

Appleの時価総額は、AAPLの株式が今日取引中に153.70ドルの最高値を打ち、8000億ドル以上の最高記録を達成しました。

AAPLの記録的な時価総額は、同社が第2四半期決算を発表してから1週間後になる。今日のアナリストらによると、アナリストらは、株価目標を引き上げている。特に、ドレクセル・ハミルトンのアナリスト、ブライアン・ホワイト(CNBC経由)の株価は202ドルと予想され、アップルが1兆ドルの時価総額を上回る。この秋、私たちは予想される大規模なiPhoneのアップグレードサイクルの導入に向けて、ほとんどのアナリストの見通しが非常にポジティブなままであるため、White氏は推定値を「かなり控えめ」と呼んでいた。

CEOのTim Cook氏は、同社の業績報告書に続くインタビューで、同社の将来と株価に関するコメントを「不条理」とし、長期的な視野に焦点を当てているため"と発言。

前四半期のAppleの売上高は予想を若干下回り、前年を若干下回りましたが、まだ5千万台を売り上げています。また、サービスおよびその他の製品カテゴリの注目すべき成長を記録しました。 CNBCのSquawk Boxのインタビューで、投資家ウォーレン・バフェット氏は、「5000万人を考えると新しいモデルが発売されると、それはたくさんの製品を売ることになる」と述べた。

アップルはまた、AirPod、Apple Watch、Beatsなどのウェアラブル製品の売上高は、「その他の製品」カテゴリが前年比31%増のFortune 500企業に達したことを確認しました。