MacOS 11 のコンセプトイメージ!ユニバーサルアプリ対応等

0
177

デザイナーÁlvaroPabesio氏の新しいコンセプトイメージは、MacOS 11で、Appleがどのような劇的な改善を行うかを想像しています。このコンセプトは、iOSのようなコントロールセンターとユニバーサルアプリ、システム全体のダークモード、などが想像されています。



MacOS 11 のコンセプトイメージ

このコンセプトでは、ほぼすべてが何らかの形で変更されています。まず最初に、従来のmacOSメニューバーは、ステータスバーが完全なiOS風のコントロールセンターに、左側の伝統的なメニューバーコントロールに変換され、大幅に簡素化されています。

ここで想像しているコントロールセンターは、iOSを使用している人には馴染みがあり、Wi-Fi、Bluetooth、Do not Disturbなどをすばやく有効または無効にすることができます。通知センターには新しいウィジェットとグループ化された通知が残っています。

最近のブルームバーグレポートでは、MacOSがiOSアプリのサポートをどのように処理するかを紹介しています。ネイティブmacOS機能は期待通りに機能します。 iOSデバイスで開いているアプリを簡単に開くためのHandoffサポートもあります。

iOSアプリはデスクトップ向けに作られたアプリのように動作します。アプリは、縮小バージョンではなく、より強力で多目的なものになっています。コンテンツは自動的に拡大縮小され、画面や解像度、ファイル、編集、ビューなどのオプションは他のデスクトップアプリと同じように機能します。

コンセプトの目玉機能は、システムワイドなダークモードです。このコンセプトは、それを想像するにも苦労します。

iPhone、iPad、Apple TV、AirPod、HomePodなど、すべてのハードウェア製品を管理できる「デバイス」という新しい設定機能がここでは想像されています。これにより、下のイメージのように、1つの場所ですべてのデバイスのステータスと情報を簡単に確認できます。

このコンセプトでは、新しいサイドバー付きのFinder、まったく新しいiTunesインターフェイス、Animojiとスクリーンエフェクトを備えた新しいメッセージデザインなど、ほぼすべてのmacOSアプリケーションのリニューアル版を示しています。

非常にアグレッシブなコンセプトなので、近い将来にAppleがこれらの変更に近いものを実装するとは期待しない方がいいかもしれません。それでも優れた、より実用的なコンセプトイメージです。

すべてのコンセプトイメージはこちら