Appleの2段階顔認証、新しい指紋認証技術


IMG_0648.JPG



Appleは、iPhone 5のリリース以来、すべてのiPhoneおよびiPadsに実装されたTouch IDモジュールを置き換えるために、顔認識および光指紋検出設計を含む高度な生体認証セキュリティ技術を開発しています。

具体的には、Appleが今秋フルスクリーンのiPhone iPhoneモデルを導入すると広く噂されているため、Appleが既存のTouch ID技術を光学指紋リーダーに置き換えることが予測されます。

iPhoneとiPadのホームボタンに組み込まれたシステムの初期反復では、皮膚の皮下層をスキャンして指紋の3次元マップを得ることができる500ppiセンサーが組み込まれていました。

指紋検出モジュールは「アンダーグラス」設計ですが、リングは常にユーザーがアクセスできる必要があり、ソリューションはフルフェイススクリーン搭載のデバイスには適していません。

現在の技術水準だけでなく、IPは、硬質OLEDまたはTFT-LCDスクリーンと比較して、光指紋モジュールが可撓性OLEDパネルの下に包含される可能性が最も高いことを示唆している。

参入障壁は高いものの、アップルやサムスンのような企業がそのようなデザインを実現する交渉力を持つ企業は少ないとクオ氏は述べている。

2人のうち、アナリストは、このような解決策のための特許出願が増加していることを挙げて、顔認識が勝つと予測しています。その多くは過去数年間にAppleInsiderが発見したものです(1,2,3,4,5)。

同社は目の走査技術を開発していると噂されているが、クオはAppleがハードウェアセキュリティとモバイルトランザクション認証サービスの両方で顔認識に傾いていると考えている。

しかしKuo氏は、ソフトウェア設計、ハードウェアコンポーネント開発、検証データベースの作成など、導入の途中にある障害が、他のバックエンドのボトルネックの中にあることを指摘しています。

スタンドアローン型の顔スキャンソリューションを導入するという面倒な作業を考慮して、Kuoは、ユーザーが指紋スキャンと顔面スキャンの両方で身元を確認する必要があるハイブリッド2段階バイオ認識システムを最初に導入する可能性があると示唆しています。

クオ氏自身が今週、iPhone 8の噂のパイルを追加した.Appleは、今後の携帯電話で次世代の3D Touch技術に移行する準備が進んでいると述べた。