アップル、OLED iPhone向けに新しい3Dタッチ技術を採用


IMG_0649.JPG


注目のアナリスト、Ming-Chi Kuoによると、アップル社は現在の3D Touch技術を薄膜センサーに基づく新しいデザインに置き換え、OLEDディスプレイを備えた次世代iPhoneを導入することが期待されています。

来るべきiPhoneは、2015年にiPhone 6で最初に導入された階層化された配置である、OLEDパネルの下に3Dタッチモジュールが配置されるという。

しかし、フレキシブルなプリント回路基板を使用したセンサー設計を使用する代わりに、アップルは既存の実装よりも感度を高めることを約束するコンポーネントパッケージである薄膜フィルムに切り替えると予測されています。

現在の3Dタッチ反復では、層状センサ設計の一部として剛性の金属導電性プレートが組み込まれていますが、フィルムセンサスタックは変形しないため、フレキシブルなOLED画面は変形しやすくなります。

新しいセンサー材料とデザインは必然的にモジュール当たりのコストを押し上げる、より複雑なラミネーションプロセスを必要とし、分析者は現在の3Dタッチセンサーと比較して10〜20%増加すると推定しています。

3D Touchは、Apple WatchやMacBookのトラックパッドに採用されたForce Touchテクノロジの進化で、もともとはiPhone 6でデビューしたときに「次世代マルチタッチ」として請求されました。

3D Touchは、Apple Watchディスプレイの周囲に配備されたセンサーを使用して指圧を検出するForce Touchとは異なり、iPhoneディスプレイのバックライトと一体化された容量センサーのアレイを採用しています。

このシステムは、iPhoneの柔軟なカバーガラスとセンサーアレイの間の距離を毎秒何度も測定し、その結果を詳細な力と位置データに変換します。

10周年記念版は、OLEDの変種と呼ばれるものもあるが、ステンレス製の「ガラスサンドイッチ」のデザインが特徴で、ワイヤレス充電、見えないアンダーパネルのホームボタンなどのエキゾチックな技術が組み込まれている。