MacBookのバタフライキーボードを無料で修理してもらう方法

0
412

シザースイッチ式キーボードを搭載した1MacBookが登場してきていますが、まだバタフライキーボード搭載のMacBookを使用しており、バタフライキーボードの調子が悪い、キーを押しても反応しない、キーを押すとダブルで文字が入力されてしまう等の問題が発生していたら、Appleが使用しているMacBookのバタフライキーボードを無料で修理または交換してくれる可能性があります

今回は、Appleにお願いしてMacBookのバタフライキーボードを無料で修理してもらう方法をご紹介します。

2015年まで遡ると、AppleのMacBookのバタフライキーボードは、キーの下に破片が挟まる深刻な問題が多数発生していました。これにより、キーが動作しなくなったり、キーを一回押しただけなのにコンピュータが二回押しを認識して、文字を2回入力してしまうケースが発生していました。

現在、バタフライキーボードを搭載したAppleのMacBookはすべて無料サービスプログラムの対象となっています

2018年のMacBook ProとMacBook Airには、新しいガスケットを含む第3世代のバタフライキーボードが搭載されていましたが問題を完全に解決することはできませんでした。

また、2019年モデルのMacBook Proにはキーボードに新素材(第4のイテレーション)が使用されてれていましたが、初期のバタフライキーボードを搭載したMacBookと同様にキーボードサービスプログラムの対象となっています。



MacBookのバタフライキーボードを無料で修理してもらう方法

まずは、MacBookやMacBook Proのモデルを確認します。

(Macを起動させ、メニュー「 」から「このMacについて」を開きモデル名を確認します)

お使いのMacBookがキーボードサービスプログラムに含まれているかどうかを確認と修理の依頼は、Appleのこちらのサイトへ行き、修理の手続きを行います。

対象のMaBook一覧

  • MacBook (Retina, 12インチ, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12インチ, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12インチ, 2017)
  • MacBook Air (Retina, 13インチ, 2018)
  • MacBook Pro(13インチ、2016年、2つのThunderbolt 3ポート)
  • MacBook Pro(13インチ、2017年、2つのThunderbolt 3ポート)
  • MacBook Pro(13インチ、2016年、4つのThunderbolt 3ポート)
  • MacBook Pro(13インチ、2017年、4つのThunderbolt 3ポート)
  • MacBook Pro(15インチ、2016年)
  • MacBook Pro(15インチ、2017年)
  • MacBook Pro(13インチ、2018年、4つのThunderbolt 3ポート)
  • MacBook Pro(15インチ、2018年)
  • MacBook Pro(13インチ、2019年、4つのThunderbolt 3ポート)
  • MacBook Pro(15インチ、2019年)

注:他のMacノートブックモデルはこのプログラムに含まれていません。