Metaの新AI「Code Llama」: 次世代のコード生成ツールとその影響

0
204

近年、大規模な言語モデル(LLMs)生成型AIの利用が増加しています。特に、コードの生成はその中でも非常に価値のある分野として注目されています。コード作成には、明確な答えと、目的を達成するための既定のパラメータが必要です。コードの知識は、効果的で実用的なシステムを構築するための鍵であり、関連するコードの例を探し出し、それを組み合わせるための情報を知ることが重要です。

「Code Llama」: Metaが提案するコード生成の未来

このような背景から、Metaは「Code Llama」という新しいAIモデルを発表しました。このモデルは、コードの断片を生成・分析することを目的とし、問題解決に役立ちます。

Metaによると、

「Code Llamaは強化されたコーディング機能を備えています。コードと自然言語のプロンプト(例:「フィボナッチ数列を出力する関数を書いてください」)の両方から、コードとコードに関する自然言語を生成することができます。また、コードの補完やデバッグにも使用できます。Python、C+、Java、PHP、Typescript(Javascript)、C#、Bashなど、現在使用されている最も人気のあるプログラミング言語を多数サポートしています。」

このツールは、テキストプロンプトに対して完全なコードセットを出力することで、特定のコードの断片を検索するGoogleのように動作します。これにより、時間の節約が可能となります。多くのプログラマーは、特定のコードの例を検索し、それをカスタマイズして組み込むことが一般的です。

生成型AIの現状とコード生成の新たな可能性

Code Llamaは、人間の役割を完全に置き換えるものではありませんが、Metaが提供する洗練されたコード専用のモデルは、LLMsを用いたコード生成をさらに向上させる一歩となるでしょう。

Metaは、Code Llamaのベースとして7億、13億、34億のパラメータを持つ3つのバージョンをリリースしています。

「これらのモデルは、コードとコード関連のデータの5000億トークンで訓練されています。7億と13億のベースと指示モデルも、既存のコードにコードを挿入する機能を持つfill-in-the-middle(FIM)機能で訓練されており、コードの補完のようなタスクをすぐにサポートできるようになっています。」

さらに、MetaはPython専用のバージョンや、さまざまな指示に対応するバージョンも追加で公開しています。

現在の生成型AIツールは、驚異的な能力を持っていますが、多くのタスクにおいては、まだ完璧ではないため、単一の解決策としてではなく、補助的なツールとして利用されています。しかし、コードのような技術的なタスクにおいては、明確な答えが求められる場面で、その価値は非常に高いと言えます。MetaCode Llamaモデルが効果的なコードを生成する能力を持っていれば、多くのプログラマーの作業時間を節約することが期待できるでしょう。

詳しいCode Llamaのドキュメンテーションはこちらで読むことができます。

参照元:

Meta Releases ‘Code Llama’ Generative AI Model to Assist in Code Creation https://www.socialmediatoday.com/news/meta-code-llama-generative-ai-to-assist-in-code-creation/691820/ via @socialmedia2day

【PR】動画配信サービス U-Next

  • U-Nextは映画、ドラマ、アニメから漫画、雑誌まで楽しめます!
  • 見放題作品数が業界最多の22万本!
  • 毎月もらえるポイントで最新作が視聴できる。
  • 最新の雑誌が読み放題!
  • 漫画が無料で読める!

↓ 24万本の以上の動画から、雑誌や漫画まで楽しめるU-NEXTはこちら ↓




U-NEXTは31日間無料トライアルができます!