iPhoneで、即Face IDをスキップする方法と短いパスコードに変更する方法

0
137

iPhone X以降のデバイスではロック解除が完全にFace IDに依存しているため、マスク装着時は顔認識ができず、Face ID認証が何度か失敗するとしばらくして、iPhoneのロックを解除するためのパスコード入力を求めますが、すぐにはiPhoneのロックを外せなくて困ることが多いかと思います。今回は、iPhoneですぐにFace IDをスキップする方法短いパスコードに変更する方法をご紹介します。



Face IDをスキップしてすぐにパスコードを入力できるようにする方法

次のアップデートiOS 13.5では、マスクをしているかどうかをiPhoneが自動的に認識してパスコードを即要求してくるようになるので、それまでの便利な方法になりますがご紹介します。

  1. iPhoneの画面をタップするか、右側面の電源ボタンを押しiPhoneを起動します
  2. iPhoneの画面を下から上にスワイプして、iPhoneを開く操作をします
  3. 自動的にFaceIDが起動しますが、Face IDに失敗した場合、画面中央に表示される「Face ID」という文字をタップします
  4. 「Face ID」をタップすると、Face ID認証をスキップして、即パスコードの入力画面に切り替わります

パスコードを短いパスコードに変更する方法

カスタム英数字や6桁のパスコードを使用している場合は、4桁のパスコードに変更してパスコードの入力を短縮することができます。

  1. 「設定」に進み「Face IDとパスコード」をタップします
  2. 現在のパスコードを入力し、下にスワイプして「パスコードの変更」をタップします
  3. 現在のパスコードを再度入力後、「パスコードオプション」をタップします。
  4. 一番下の「4桁の数字コード」を選択します
  5. 新しいパスコードを2回入力して設定します

iPhoneのオートロック時間を変更する

iPhoneが短い時間でスリープ状態になるとパスコードをより頻繁に入力する必要が出てきます。パスコードの入力を減らすもう一つ1つの方法は、自動ロック時間を長く設定することです。

  1. 「設定」>「画面表示と明るさ」の順にタップします
  2. 画面の下の方にある「自動ロック」をタップします
  3. より長い時間を選択するか、または自動でロックしないように「なし」を選択します