Affinity Photo iPad版でレイヤーを移動、回転、サイズ変更する方法

0
175

Affinity Photo iPad版では、Adobe Photoshopのような柔軟なレイヤー機能を搭載しています。今回は、Affinity Photo iPad版でレイヤーを移動、回転、サイズ変更する方法をご紹介します。



Affinity Photo iPad版でレイヤーを移動、回転、サイズ変更する方法

写真を読み込み上のレイヤーに配置

  1. まずは、レイヤーの編集用にCloudもしくは「写真」アプリから追加の写真を読み込みます。
  2. Affinity Photoを起動しベースとなる画像ファイルを開きます
  3. 左上のメニューバーにある「(…)」アイコンをクリックします
  4. 「配置」をタップします
  5. 「写真」アプリから画像を追加したい場合は「Photosから配置」をタップします。iCouldから画像を追加したい場合は「Cloudから配置」をタップします。
  6. 画像を選択した後、キャンバス上で配置したい場所をタップし、ドラックして画像のサイズを決めて配置します

レイヤーを移動する方法

レイヤーを移動するには、一つの指で画像の内側をタップしそのままドラックします。

正確に移動をコントロールしたい場合は、右側のメニューバーにある「トランスフォームパネル」(四角と点線の四角が重なったアイコン)を開き「位置」項目の「X」と「Y」ダイアルを回して移動させることができます。 「X」と「Y」ダイアルをタップすると数値を入力して移動させることができます。

レイヤーを移動せずにキャンバス自体をパン(動かしたい)したい場合は、指を1本ではなく2本指でタップしドラッグします。

レイヤーのサイズを変更する方法

レイヤーのサイズを変更するには、コントロールノード(画像の周りにある青い点)をタップしてドラッグします。

読み込んだ画像やレイヤーの種類によっては、デフォルトで元のアスペクト比を維持するように制限されているものがあり、その場合は縦横同じ比率でサイズが変更されます。

画像のアスペクト比固定設定は「オン/オフ」をすることができます。画像のアスペクト比固定設定は「オン/オフ」する場合は、一本指で画像のサイズを変更している間、もう一方の指で画面をタップします

レイヤーを回転させる方法

上部の「コントロールハンドル」をタップし、左右どちらかにドラッグして回転させます

正確に回転コントロールしたい場合は、右側のメニューバーにある「トランスフォームパネル」(四角と点線の四角が重なったアイコン)を開き「位置」項目の「回転」ダイアルを回して回転させることができます。「回転」ダイアルをタップすると数値を入力して回転させることができます。