iCloudを使って容量が少ないMacに空き容量を増やす方法

0
992

iCloudは、デバイス上のストレージからファイル・ドキュメントをクラウド環境に移すことができ、iPhoneやiPadのバックアップをとることができます。iCloudの無料版は5GBの利用に制限されていますが、iCloud有料版を購入すると月額料金で50GB(130円)、200GB(400円)、1TB(1,300円)、2TB(2,500円)が利用でき、かなりの容量のファイルをクラウドに保存することが可能になります、

使っているMACの容量が一杯になっている場合 は、iCloudにファイルやドキュメントを転送して、MACの容量が増やすことができます。今回は、iCloudを使って容量が少ないMacに空き容量を増やす方法をご紹介します。



iCloudを使って容量が少ないMacに空き容量を増やす方法

「写真」アプリで「iCloud写真」を有効にし保存されている写真をiCloudに保存する

  1. 「写真」アプリを開き、「写真」>「環境設定」>「iCloud」をクリックします
  2. 「iCloud写真」ボックスにチェックを入れ、「Macストレージの最適化」を選択します

「iCloud写真」が有効になると、macOSは画像や動画のサムネイルのみを保持し写真データそのものはiCould上に保存します。「iCloud写真」を初めて有効にした場合、ローカルに保存されているすべての画像をiCloudにアップロードします。写真がiCloudストレージにコピーされた後、Macに保存された写真を削除し、サムネイルだけをMacに保存します。

iCouldに保存された写真やビデオは、表示したり使用したりするたびにダウンロードされます。

iCloud Driveストレージを最適化する

  1. 「環境設定」をクリックします
  2. 上部にある「ログインしているApple ID」をクリックします
  3. 左のナビゲーションから「iCould」を選択します
  4. 「Macストレージの最適化」と書かれたチェックボックスをクリックしチェックします

「Macストレージの最適化」にチェックを入れると、コンピュータの利用可能な容量が減少すると、macOSはMacと同期されているiCloud Driveのファイルからアクセスの少ないファイルを自動的に削除して、Macの容量を増やしてくれます

Mac上からファイルが削除されても、オンラインのiCloudストレージには保存されたままになるため利用可能なまま残ります。それらのファイルを開こうとすると、macOSはiCloudからそのファイルを自動的にダウンロードしてくれて利用可能な状態にしてくれます。

Apple MusicでCloudミュージックライブラリを利用する

Apple Musicの有料サービスを利用している場合は、iCloud Music Libraryを使って、Macでダウンロードした音楽ファイルをiCloudに同期、保存することができます

Apple Musicの有料サービスのメリットは、iCloudのストレージ容量を使わず、Macにダウンロードした音楽やオーディオ、所有しているCDからリッピングした曲、Bandcampやミュージシャンから直接購入した曲、自分で録音した曲やオーディオ、DRMフリーのiTunes StoreのアイテムなどをApple MusicのCloudミュージックライブラリの保存してくれます。

Dropboxの「スマートシンク」を使う

Dropboxで複数のMacと同期していたり、他の人とフォルダを共有していたりすると、Macに必要のない何ギガバイトものファイルが自動同期され保存されてしまっている可能性があります。Dropboxはこの問題に対処すべく、2019年5月にDropboxの有料サービスで「スマートシンク機能」を追加しました。

「スマートシンク機能」では、特定のフォルダ、ファイルをローカルに保存せずDropboxクラウドのみに保存することができます。

Dropboxの「スマートシンク機能」の使い方

  1. Dropbox フォルダ内の任意のファイルまたはフォルダを右クリックし、「スマートシンク」項目を選択、「オンラインのみ」を選択します。

iCloud Drive とは異なり、Dropbox は同期されたファイルをすぐに削除しMacの容量を解放してくれます。iCloud Drive と同様に、スマートシンク機能でDropboxクラウド上のみに保存されたファイルは Dropbox フォルダに残り、ファイルを開くと自動的にダウンロードされます。

残念ながら、Dropbox 「スマートシンク機能」では、iCloud Driveの「Macストレージの最適化」のように、Macの容量が一杯になった場合に、ローカルファイルが削除して、iCouldに自動的に保存のようなことはできません。